紅茶とお菓子のお話

アイルランドと紅茶のお話

紅茶というと、どの国を思い浮かべますか?  やっぱりイギリス? それともインド? 

 日本では、紅茶好きな国といえばイギリスのイメージがありますが、実はイギリス以上に紅茶を愛する国がアイルランドなのです。アイルランド人は、ひとり一日6杯の紅茶を飲むと言われていて、国民ひとり当たりの紅茶消費量は世界で一番です。

image

「Black Tea」と呼ばれるしっかりと濃い紅茶を、気取らずにマグカップでがぶ飲みするのがアイルランド流。お気に入りのマグに紅茶とミルクをたっぷり注ぎ、仕事の合い間に、あるいは友達や家族と語らいながら、一日に何度も紅茶を楽しむのです。

 アイルランド人が好む紅茶は、アイルランドでブレンドされたものが多く、イギリスからの輸入紅茶は実はあまり見かけません。毎日たくさん飲むので、スーパーなどで売られているティーバッグの紅茶も、100個入りや200個入りという業務用のようなサイズはあたりまえです。

image

 チョコレートやビスケットなどの甘いものも大好きで、イギリスのアフタヌーンティーとはまた違った、カジュアルに紅茶を楽しむ文化があるのです。日本でいうコーヒーブレイクも、アイルランドではもちろん、ティーブレイクに。学校でも会社でも、休憩の時間には紅茶を一杯。学校の先生が、紅茶の入ったマグを持って教室にくるのも日常の光景です。

 そんな紅茶の国アイルランドで長く愛されてきたのがキャンベルズ・パーフェクト・ティー。500gとたっぷりの茶葉が入ったゴールデンイエローの缶は、ノスタルジックな佇まいで、ギフトにもおすすめです。

TEA & TREATSは、アイルランドの紅茶、キャンベルズ・パーフェクト・ティーをはじめとするイギリスのティー関連のアイテムを扱っています。

先頭へ