紅茶とお菓子のお話

ティーポットの選び方

 紅茶に欠かせない道具といえば、ティーポット。ティーバッグなら、マグに直接放り込んで、お湯を注ぐこともできますが、ルーズリーフティー(茶葉のまま売られている紅茶)はそうはいきません。茶葉のおいしさを十分に引き出すためにも、ティーポット選びは大事です。

image

 よいティーポットの条件としてよく挙がるのが、「茶葉がジャンピングしやすい」ということ。ジャンピングとは、ポットの中でお湯が対流して茶葉が上下に動くことで、これによって茶葉の旨みや香りが引き出されます。丸い形の方がお湯が対流しやすいので、理想のティーポットの形は丸型とされています。

 TEA & TREATSでは、イギリスのPrice & Kensingtonのティーポットをお取扱いしています。昔ながらのころんと丸い形は、見た目に愛らしいだけでなく、ティーポットの理想形。加えてもうひとつの特徴がステンレス製のティーストレーナー。このティーストレーナーが、キャンベルズティーを気軽においしく味わうのに、とても役立ってくれるのです。

image

 キャンベルズティーは、コロコロとした粒状のCTC紅茶です。CTCの茶葉は、短い時間でしっかりと味が出るのが特徴です。その半面、時間がたつほどにどんどん抽出がすすみ、濃くなってしまいます。ベストなタイミングで注ぎきればよいのですが、時間をかけて何杯も楽しみたいときは、そうはいかないもの。そんなとき、内側のティーストレーナーを外して中の茶葉を取り出せるので、ティーポットの中の紅茶がそれ以上濃くならずに済みます。

 ティーストレーナーを使うとジャンピングはしにくくなりますが、CTC加工された茶葉はもともと味や色が出やすいので、ジャンピングをそれほど気にする必要はありません。好みの濃さになったら、ティーストレーナーごと茶葉を外して、後はゆっくりと味わってください。ワンタッチで外せるので、茶葉の後片付けもとてもラク。ストレスを感じることなく、気軽にティーブレイクを楽しめます。

 もちろん、紅茶の種類によっては、ティーストレーナーを使わずにいれた方がよいものもあります。とくに上等なダージリンやラプサンスーチョンなど、繊細な香りの紅茶は、丸いティーポットの中でしっかりジャンピングをさせて、味や香りを引き出して楽しみたいもの。そんな使い分けができるのも、Price & Kensingtonのティーポットの魅力のひとつです。オンラインストアではストレーナーの有無を選んでご注文いただけます。

 最後に、やっぱり毎日使うものだから、見た目も大事。色や形がお気に入りなら、それだけで使うのが楽しくなるはずです。紅茶ライフを充実させるために、マイ・ベスト・ティーポットを探してみませんか?


TEA & TREATSは、アイルランドの紅茶、キャンベルズ・パーフェクト・ティーをはじめとするティー関連のアイテムを扱っています。